100人アンケート

臓器提供の有無、20年経つが意思表示が1割程度。意思表示をはっきり示しましょう。

臓器移植意思の有無、記入1割 法施行20年、低水準続く
... を運転免許証などの書面に示している人は国民の1割強と、低い水準で4年前から変わっていないことが、内閣府が11日に公表した世論調査結果で分かった。

脳死となった場合などに「臓器を提供する」「しない」との意思を運転免許証などの書面に示している人は国民の1割強低い水準で4年前から変わっていないことが、内閣府が11日に公表した世論調査結果で分かった。

臓器を提供するという意思を示してる国民が、1割しかいない事に、現実をつけつけられました。 そのような提供欄が免許証に書いてある事自体、気づいてない人もいるのではないかと思います。4年の間やはりそのことが浸透していないのが問題ではないかと思います。

臓器移植法施行から20年がたつが、制度が広く浸透していない現状が示された。移植を待つ患者の数に対し、臓器提供数は大幅に少なく、日本の移植医療の大きな課題となっている。

20年経っていることに驚きと、やはり国民の意識が低いのが問題ではないかと感じます。高齢社会もあって、提供出来る人も限られてきそうですし、提供を、また人も多いと思うので、私自身も意思を表明しておこうと感じました。

このニュースのまとめ

免許証交付の際に、臓器提供の有無がある旨を、説明することが大事ではないかと思います。そして、一人一人が意識をもち、臓器提供の有無をきちんと明記してみませんか? 1人でも多くの命を救えたらとおもいます。


病気に関するアンケートを取るなら

病気に関連するアンケートのアイデアです。こういったアンケートを取りたい場合は「100人アンケート」のご活用をご検討ください。

100人アンケートでは簡単でリーズナブルにアンケート調査ができます