100人アンケート

貯蓄ゼロに陥らない生活のためのマネーリテラシーの大切さとその習得方法

高収入でも貯蓄ゼロに!マネーリテラシー磨きで家計のピンチを乗り越える
金融広報中央委員会が毎年行う『家計の金融行動に関する世論調査「二人以上世帯調査」 』の平成29年調査結果を見ても、金融資産非保有世帯が31.2%で「3 ...
貯蓄ができない家庭に見られる傾向として、現在の収入で赤字にならないから今後も家計が回るかのような錯覚があります。まずは向こう10年間の家計を予測することから始めてみましょう。 元記事を見る

「パーソナルファイナンス」は人生における重要な学びの一つ

 人生において役立つことは、必ずしも学校では教えてはくれません。お金の使い方もその一つです。私たちは、能動的に資産運用などの方法を学ぶ姿勢を持たなければ、いつの間にか貯蓄がゼロになってしまうかもしれないと思いました。

3割の世帯で貯蓄ゼロという現状をいかに乗り切るか

 貯蓄のない世帯が3割にも及ぶのは非常に驚きました。そして、低所得の世帯が貯蓄がないとは限らず、中間の世帯でも貯蓄がないことは少なくないため、働いてお金を稼ぐという努力以外にも、マネーリテラシーを磨くことの重要さを痛感しました。

このニュースのまとめ

 年金制度が崩壊しつつある今、ただがむしゃらに働くのだけではなく、その資産をどのように残していくのか、ということも考えなければなりません。目の前の生活だけではなく、10年単位で将来の生活設計をしてみることをお勧めします。


マネーリテラシーに関するアンケートを取るなら

マネーリテラシーに関連するアンケートのアイデアです。こういったアンケートを取りたい場合は「100人アンケート」のご活用をご検討ください。

100人アンケートでは簡単でリーズナブルにアンケート調査ができます