100人アンケート

売り手市場の昨今、2018年卒の内定辞退率が64.6%まで上昇

内定辞退率が64.6%、採用苦戦に冷ややかな声「何社もエントリーしろという風潮が悪い」
同調査結果は新聞各社で報じられ話題に。11月13日時点で「Yahoo! JAPAN」のトレンドランキングでは、「内定辞退」というワードが1位に躍り出ている。
10月26日にリクルートキャリアが発表した「就職プロセス調査(2018年卒)」で明らかになった、大学生の就職内定辞退率の高さが話題を呼んでいる。人手不足の中、学生にとって有利な売り手市場が続いている。... 元記事を見る

2018年卒の就職内定辞退率が、10月1日時点で64.6%になっている

売り手市場と言われて久しい昨今ですが、ようやく数字にも表れ始めてきているなという感じです。思えば、今の30代40代の方々は自分も含め、本当に酷い就職状況だったと思うのですが、今後はもっと良くなっていく事を期待します。

1人あたりのエントリー社数は平均26.3社であり、前年度よりも1.3社増加している

インターネットやSNS等の発展に伴い、エントリーだけであれば簡単にできるようになっているため、エントリー数が増えるのは当然の傾向かと思います。企業側も良い人材を見つけるのに必死であるのと同様、学生側もより良い就職口を見つけるのに必死なのでしょう。

このニュースのまとめ

今後、より景気が良くなり、売り手市場の勢いが加速した場合、良い人材を獲得するのは更に難しくなる事が予想されます。ですが、幸か不幸か日本の労働環境はまだまだ改善できる部分が多いので、他社に先駆けて労働環境の改善に取り組む事で、優秀な人材に長く働いてもらう事を目指してみるのはどうでしょうか。


内定辞退率に関するアンケートを取るなら

内定辞退率に関連するアンケートのアイデアです。こういったアンケートを取りたい場合は「100人アンケート」のご活用をご検討ください。

100人アンケートでは簡単でリーズナブルにアンケート調査ができます