100人アンケート

超売り手市場の状況が正直うらやましいです。学生は遠慮なく自分の進む道を歩いて下さい。

内定辞退率が64.6%、採用苦戦に冷ややかな声「何社もエントリーしろという風潮が悪い」
同調査結果は新聞各社で報じられ話題に。11月13日時点で「Yahoo! JAPAN」のトレンドランキングでは、「内定辞退」というワードが1位に躍り出ている。
10月26日にリクルートキャリアが発表した「就職プロセス調査(2018年卒)」で明らかになった、大学生の就職内定辞退率の高さが話題を呼んでいる。人手不足の中、学生にとって有利な売り手市場が続いている。... 元記事を見る

就職内定辞退率が約64%という数字にびっくり!

私が大学生だった頃、10月の時点で就職内定してた学生は6割もいなかったかもしれません。今は恵まれた時代なのですね。今から25年前はFランと呼ばれる大学にも合格するのは至難の業でした。それが卒業する頃にはすっかりバブルがはじけて就職すらままならない状況でした。正直景気によって左右されるのは不公平だと思います。

一人あたりのエントリー数は約26社!少ないでしょ?

一人あたりのエントリー数が約26社だと書かれています。その中で入社するのは1社だから内定辞退率が高まるのは仕方ないことでしょう。企業側は不景気の時は容赦なく採用を見送るので、学生が批判される筋合いは全くありません。それよりもエントリー数が26社程度しかないことの方がびっくりです。私の頃は50社はエントリーしましたから。

このニュースのまとめ

今は超売り手市場なので学生は自分の入りたい企業に自由に入るべきです。ただし内定を断る方法はきちんと電話で説明して謝罪の一言でも告げるべきです。そうしないと何十年後に自分の身にも同じようなことが降りかかってくるかもしれませんから。


就職に関するアンケートを取るなら

就職に関連するアンケートのアイデアです。こういったアンケートを取りたい場合は「100人アンケート」のご活用をご検討ください。

2017年09月14日
「進路状況」に関するアンケート

Q. もし今、ご自身が大学4年生として、どの進路を選びますか?
企業に就職
公務員
大学院へ進学
自営業
その他

[このアンケートのポイント]
若い人や女性は企業に就職を選ぶ人が多いと思います。就職氷河期の世代は企業に就職か公務員が多いと思います。
2017年09月15日
「学歴社会」に関するアンケート

Q. 今後の日本の新卒の就職における学歴の重要度はどう変化すると思いますか
現在とあまり変わらない
現在よりもさらに重要になる
現在より重視されなくなる
予測不能

[このアンケートのポイント]
若い年代や子育て中の親は学歴重視の考えが強いと予想しています。逆に年代が高くなるにつれて学歴の重要度は低くなると考えているのではないかと想像しています。
2017年09月20日
「就職活動」に関するアンケート

Q. 就職活動で何社面接を受けましたか?
1,2社
3~5社
6~10社
11社以上
その他

[このアンケートのポイント]
私は20社面接を受けて就職活動をしました。結果が結び付いたので良かったですが友人は40社近く受けたそうです。
2017年11月10日
「転職活動」に関するアンケート

Q. 就職活動において大切なことはなんでしょうか
職歴とその内容
いさぎよさ、はきはきとした口調
スマイル
入社してからの展望
内定を勝ち取るという根性、気概

[このアンケートのポイント]
1は基本的に必要なことです。そのうえで2~5のどれが大事かという選択肢になりますので1を選ぶようでは経験が浅いじゃ若年層かなと思います。
2017年12月13日
「就職」に関するアンケート

Q. 高校生時代の内定先、本当にそこで働きたい?
希望する職種から内定をもらった
高校で一番給料の高い求人を選んで決めた
大学等に行くお金がなくしょうがなく就職した
適当に選んだ
高校の先生がすすめてきた

[このアンケートのポイント]
高校時代を思い出し、我々の世代は内定を全員もらったが退職率が大幅に多かったので、皆さんどのように選んでいるか気になる。

100人アンケートでは簡単でリーズナブルにアンケート調査ができます