100人アンケートは、リーズナブルな価格のためインターネットメディア(ブログやオウンドメディア)の記事のネタとしてお使いいただくことにも適しています。 ブログやオウンドメディアの記事がSNSなどでシェアされていくために一番重要なのは「共感」だと言われています。アンケート結果は、自分もそうである、自分はそう思わない、など共感や話題を呼ぶために、記事のネタとしては非常に適したコンテンツです。

売り込みたい記事や商品に関連するアンケートからの誘導

一番アンケートが使いやすいのは、売り込みたい商品などがあった場合に、それに関するアンケートを取得してユーザーに興味を持ってもらい、最終的に商品を紹介していくような流れの記事です。 例えば、化粧品をお勧める記事であれば、 Q. お肌で気になることはなんですか? という質問を作り、 ・乾燥 ・ニキビやできもの ・色 ・日焼け などの選択肢を作ります。その中で、一番多いものに適した化粧品をお勧めしていくような流れは、ユーザーにとって自然で納得感のある記事となります。

ユーザーがマジョリティなのかマイノリティなのか聞きたいこと

ユーザーは、自分が正しいか間違っているかについて強い興味を持っています。そのため、あるテーマについてアンケートをとり、その結果がユーザーの考え方や行動と合っているかを答え合わせできるような記事はアクセス数が伸びる傾向があります。 例えば、 Q. 朝起きて水を飲みますか? という質問を作り、 ・毎日飲む ・たまに飲む ・全く飲まない などの選択肢を作ります。選択肢の中で、一番健康に良いことを提示しながら、あなたはどうですか?という問いかけをするような記事になります。

おもしろネタ

前述のパターンと似ていますが、なんとなく疑問に思っているが、体系的な結果は聞いたことが無いということも好まれる記事の一つです。 例えば、下記のようなアンケートは話題に上がりやすい記事です。 Q. 海老フライの「しっぽ」は食べる? https://100nin.jp/watahen/detail/51