100人アンケート

営業資料

商品やサービスを売り込む際にも、アンケート結果という客観的な指標を提示することは非常に効果的にです。
営業資料として1つアンケートを持っておくことは、説得材料にもなると共に、話題の提供になり便利なツールとしてお使いいただけます。

売り込みたい商品・サービスを多くの人が使っているという裏付け

商品やサービスを購入する際にユーザーが気にすることは、他の人も使っているのかということだと言われています。同じ悩みを持っている人がいて、そういった人たちが便利に商品・サービスを使っている、という事実を知れば、自分も遅れてはいけないという心理が働き、購入につながる可能性が高まります。

商品・サービスの購入を判断するための集団的意見

他の人も良いと言っている、というデータも購入につながる可能性を高めます。
特に自分と同じ属性の人が良いと言っているということは安心につながります。

自分の提案を裏付けするための客観的指標

ある問題を解決することができる商品であれば、その問題を感じている人がどれだけいるか、そしてその問題を解決する手法として、その商品を選択するということの正当性をアンケートで示すことができます。