Q. 自分が鬱(うつ)だと思ったことがありますか?

2016年11月19日 66回答 無料アンケート
選択肢
実際に鬱の診断をされたことがある 鬱ではないかと強く思ったことがある もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 全く鬱とは思ったことが無い

アンケート結果

全体

性別

年代


ランキング

性別

男性

1位 もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある
2位 全く鬱とは思ったことが無い
3位 鬱ではないかと強く思ったことがある

女性

1位 もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある
2位 全く鬱とは思ったことが無い
3位 鬱ではないかと強く思ったことがある

年代

10代以下

1位 もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある
2位
3位

20代

1位 もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある
2位 全く鬱とは思ったことが無い
3位 実際に鬱の診断をされたことがある

30代

1位 もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある
2位 全く鬱とは思ったことが無い
3位 鬱ではないかと強く思ったことがある

40代

1位 もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある
2位 鬱ではないかと強く思ったことがある
3位 全く鬱とは思ったことが無い

50代以下

1位 もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある
2位 鬱ではないかと強く思ったことがある
3位 全く鬱とは思ったことが無い

60代

1位 全く鬱とは思ったことが無い
2位
3位

70代以上

1位
2位
3位

コメント回答

「鬱まではいかなくても気分が落ち込んだ時の体験談を教えてください。」

実際に鬱の診断をされたことがある 20代 女性
何かがあった訳でもないのに、朝起きると身体がだるくて何もする気になれないことがありました。時が解決してくれると思い、布団に横になったままひたすら回復を待つだけでした。ゆっくり休んだのがよかったのか、夜には少し気持ちがすっきりしていました。しんどい時は休むことが大切だということを改めて実感しました。
実際に鬱の診断をされたことがある 40代 女性
仕事で失敗した時や、会社の人間関係がうまくいかない時には家に帰ってから物凄く鬱状態になります。大声で泣いてしまったり、自分を責めたりしてしまい、どうしても気分を回復することができません。
実際に鬱の診断をされたことがある 40代 男性
とにかく何も出来ないと言うより、何もしたいとは思わないので、ただひたすらボーっとして一日が過ぎて行きました。
実際に鬱の診断をされたことがある 30代 男性
毎日の生活が同じことの繰り返しで将来のことも不安で見えないそんなことを考えながらお酒を飲んだ翌日はとても気分が落ち込んだ状態になってしまいます。
実際に鬱の診断をされたことがある 30代 男性
普段は寝る時間になっても全く眠ることができずに今現在の自分の生き方に対する不安で頭が一杯になって朝まで悩み続けた。
実際に鬱の診断をされたことがある 20代 女性
とにかく人と会いたくなくなり、家にこもるようになった。今まで楽しんでいたどんな事にも興味がなくなり、何もしたくなかった。
実際に鬱の診断をされたことがある 20代 女性
とにかく人と会いたくなくなり、家にこもるようになった。今まで楽しんでいたどんな事にも興味がなくなり、何もしたくなくなった。
実際に鬱の診断をされたことがある 20代 女性
精神的につらくて体にも異常が出たので、精神科を受診し、その後仕事を辞めた。それからしばらく次の仕事に就けず、夜な夜な自分はダメな人間だ、みんなに迷惑をかけている、死んだほうがいいなどと考えたりした。
鬱ではないかと強く思ったことがある 50代 男性
仕事悩んで何もやる気が起こらなくなり、家族との会話も出来ないくらいに気力が無くなった。
鬱ではないかと強く思ったことがある 40代 女性
職場の人間関係と環境が自分に合わず、仕事に集中できず気分が塞いで鬱になりかけたことがあります。
鬱ではないかと強く思ったことがある 30代 男性
未経験の仕事でろくに教えてももらえず、ただただ、激しく罵倒される日々が続いたとき。
鬱ではないかと強く思ったことがある 20代 男性
将来のことを考えると、不安で不安で眠れなくなります。仕事のこと、家族のことなど考えるだけで気分が沈んでいました。
鬱ではないかと強く思ったことがある 40代 女性
何もかもが死につながるように考えてしまい、負のベクトルに押し流されそうになりました。高いところからじっと地面をみつめたりして、ハッとしたりしました。
鬱ではないかと強く思ったことがある 40代 女性
仕事場の人間関係で強い疎外感を感じた時があって、仕事に行くのがすごく嫌だった時があります。嫌だけど行かないとまた何か言われると思って、嫌嫌行ってました。部屋が散らかったままでも平気になって、甘いものばかり食べてました。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 20代 男性
朝起きるた時に、全てから逃げ出したいという気持ちになってしまう。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 40代 女性
結婚して子供が欲しくてもなかなか授からなかったとき。 不妊治療を始めたが、それでもなかなか授からなくて、このままいつまで治療を続ければいいのかわからなくなったとき。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 20代 女性
バイトや仕事でうまくいかず、空回りしてしまい、テンションの低い時がありました。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 40代 女性
母親の入院が立て続けに続いた時、毎日眠れなくなり毎日落ち込んでいました。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 30代 女性
人に会いたくなく人や家族にも相談しても意味がないと思っていて常に死ぬことを考えてしまっていましたし気持ちがモヤモヤしていると自分の手を壁にたたきつけて手の痛みでモヤモヤな気持ちを抑えていた時があります。それが鬱なのかはわかりませんが少し鬱気味もあったのかなと思っています
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 20代 女性
仕事で失敗してしまったときやプライベートでうまくいかない事があると、落ち込んでしまいます。酷く落ち込んでしまっても泣いて発散する事が出来ないので、家族ものの映画を見てあえて泣いたり、家中を掃除して綺麗になった部屋で暖かいお茶を飲んだりすると落ち着く事ができます。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 40代 男性
何もかもがうまくいかなくて、死にたいと思う事がありました。 何故か、自然に「死にたい」というワードが浮かんできました。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 30代 男性
仕事が上手くいかなく更に上司から執拗にプレッシャーをかけ続けられたとき。 仕事に追われ趣味を楽しむ時間が無くなったとき。
全く鬱とは思ったことが無い 60代 男性
落ち込むと言うかプレッシャーはあります。 大きなプレゼンテーションの前とかは圧を感じます。
全く鬱とは思ったことが無い 40代 女性
友達に裏切られたとき、すごくショックで人間不信になり、家族以外の人が信じれなくなった。
全く鬱とは思ったことが無い 20代 女性
辞表提出後から有給消化までの間の出勤日が一番気分が落ち込んでいた日々でした。
全く鬱とは思ったことが無い 40代 男性
大好きな彼女から急に別れを伝えられた時は、現実を受け入れられずショックで、しばらく気分が落ち込んで何もする気がしなかったです。
全く鬱とは思ったことが無い 40代 女性
仕事で失敗して、かなり悲惨な状況になった時に、鬱になるかもと思いましたが、なんとか乗り切りました。
全く鬱とは思ったことが無い 20代 女性
妊娠中に些細なことで落ち込んだり泣いたりしていました。出産に対しての不安がいっぱいあり、寝る前によく泣いていました。
全く鬱とは思ったことが無い 30代 男性
大失敗をして自分の能力実力に自信が持てなくなった時。 職場で厳しく叱責された時。
全く鬱とは思ったことが無い 30代 女性
落ち込んだ時は、すぐに涙がでてきます。落ち込んでいる原因とはまた別の事柄にもナイーブになり、とにかく泣きたくなるので我慢せずに泣くと、すごくスッキリします。
全く鬱とは思ったことが無い 20代 女性
妊活に励み、子どもがなかなか授からず毎月リセットした時は気分が落ち込み、仕事や家事全てのやる気を失いました。
全く鬱とは思ったことが無い 20代 女性
気分が落ち込んだ時はとことん泣き、友人に相談をし、話を聞いてもらうだけでも十分救われる。またお笑い番組などをみて元気を取り戻そうとします。
全く鬱とは思ったことが無い 60代 男性
落ち込むと言うかプレッシャーはあります。 大きなプレゼンテーションの前とかは圧を感じます。
鬱ではないかと強く思ったことがある 50代 男性
仕事悩んで何もやる気が起こらなくなり、家族との会話も出来ないくらいに気力が無くなった。
全く鬱とは思ったことが無い 40代 男性
大好きな彼女から急に別れを伝えられた時は、現実を受け入れられずショックで、しばらく気分が落ち込んで何もする気がしなかったです。
実際に鬱の診断をされたことがある 40代 男性
とにかく何も出来ないと言うより、何もしたいとは思わないので、ただひたすらボーっとして一日が過ぎて行きました。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 20代 男性
朝起きるた時に、全てから逃げ出したいという気持ちになってしまう。
鬱ではないかと強く思ったことがある 30代 男性
未経験の仕事でろくに教えてももらえず、ただただ、激しく罵倒される日々が続いたとき。
鬱ではないかと強く思ったことがある 20代 男性
将来のことを考えると、不安で不安で眠れなくなります。仕事のこと、家族のことなど考えるだけで気分が沈んでいました。
全く鬱とは思ったことが無い 30代 男性
大失敗をして自分の能力実力に自信が持てなくなった時。 職場で厳しく叱責された時。
実際に鬱の診断をされたことがある 30代 男性
毎日の生活が同じことの繰り返しで将来のことも不安で見えないそんなことを考えながらお酒を飲んだ翌日はとても気分が落ち込んだ状態になってしまいます。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 40代 男性
何もかもがうまくいかなくて、死にたいと思う事がありました。 何故か、自然に「死にたい」というワードが浮かんできました。
実際に鬱の診断をされたことがある 30代 男性
普段は寝る時間になっても全く眠ることができずに今現在の自分の生き方に対する不安で頭が一杯になって朝まで悩み続けた。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 30代 男性
仕事が上手くいかなく更に上司から執拗にプレッシャーをかけ続けられたとき。 仕事に追われ趣味を楽しむ時間が無くなったとき。
全く鬱とは思ったことが無い 40代 女性
友達に裏切られたとき、すごくショックで人間不信になり、家族以外の人が信じれなくなった。
全く鬱とは思ったことが無い 20代 女性
辞表提出後から有給消化までの間の出勤日が一番気分が落ち込んでいた日々でした。
実際に鬱の診断をされたことがある 20代 女性
何かがあった訳でもないのに、朝起きると身体がだるくて何もする気になれないことがありました。時が解決してくれると思い、布団に横になったままひたすら回復を待つだけでした。ゆっくり休んだのがよかったのか、夜には少し気持ちがすっきりしていました。しんどい時は休むことが大切だということを改めて実感しました。
実際に鬱の診断をされたことがある 40代 女性
仕事で失敗した時や、会社の人間関係がうまくいかない時には家に帰ってから物凄く鬱状態になります。大声で泣いてしまったり、自分を責めたりしてしまい、どうしても気分を回復することができません。
鬱ではないかと強く思ったことがある 40代 女性
職場の人間関係と環境が自分に合わず、仕事に集中できず気分が塞いで鬱になりかけたことがあります。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 40代 女性
結婚して子供が欲しくてもなかなか授からなかったとき。 不妊治療を始めたが、それでもなかなか授からなくて、このままいつまで治療を続ければいいのかわからなくなったとき。
鬱ではないかと強く思ったことがある 40代 女性
何もかもが死につながるように考えてしまい、負のベクトルに押し流されそうになりました。高いところからじっと地面をみつめたりして、ハッとしたりしました。
全く鬱とは思ったことが無い 40代 女性
仕事で失敗して、かなり悲惨な状況になった時に、鬱になるかもと思いましたが、なんとか乗り切りました。
全く鬱とは思ったことが無い 20代 女性
妊娠中に些細なことで落ち込んだり泣いたりしていました。出産に対しての不安がいっぱいあり、寝る前によく泣いていました。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 20代 女性
バイトや仕事でうまくいかず、空回りしてしまい、テンションの低い時がありました。
全く鬱とは思ったことが無い 30代 女性
落ち込んだ時は、すぐに涙がでてきます。落ち込んでいる原因とはまた別の事柄にもナイーブになり、とにかく泣きたくなるので我慢せずに泣くと、すごくスッキリします。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 40代 女性
母親の入院が立て続けに続いた時、毎日眠れなくなり毎日落ち込んでいました。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 30代 女性
人に会いたくなく人や家族にも相談しても意味がないと思っていて常に死ぬことを考えてしまっていましたし気持ちがモヤモヤしていると自分の手を壁にたたきつけて手の痛みでモヤモヤな気持ちを抑えていた時があります。それが鬱なのかはわかりませんが少し鬱気味もあったのかなと思っています
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 20代 女性
仕事で失敗してしまったときやプライベートでうまくいかない事があると、落ち込んでしまいます。酷く落ち込んでしまっても泣いて発散する事が出来ないので、家族ものの映画を見てあえて泣いたり、家中を掃除して綺麗になった部屋で暖かいお茶を飲んだりすると落ち着く事ができます。
全く鬱とは思ったことが無い 20代 女性
妊活に励み、子どもがなかなか授からず毎月リセットした時は気分が落ち込み、仕事や家事全てのやる気を失いました。
鬱ではないかと強く思ったことがある 40代 女性
仕事場の人間関係で強い疎外感を感じた時があって、仕事に行くのがすごく嫌だった時があります。嫌だけど行かないとまた何か言われると思って、嫌嫌行ってました。部屋が散らかったままでも平気になって、甘いものばかり食べてました。
実際に鬱の診断をされたことがある 20代 女性
とにかく人と会いたくなくなり、家にこもるようになった。今まで楽しんでいたどんな事にも興味がなくなり、何もしたくなかった。
実際に鬱の診断をされたことがある 20代 女性
とにかく人と会いたくなくなり、家にこもるようになった。今まで楽しんでいたどんな事にも興味がなくなり、何もしたくなくなった。
全く鬱とは思ったことが無い 20代 女性
気分が落ち込んだ時はとことん泣き、友人に相談をし、話を聞いてもらうだけでも十分救われる。またお笑い番組などをみて元気を取り戻そうとします。
実際に鬱の診断をされたことがある 20代 女性
精神的につらくて体にも異常が出たので、精神科を受診し、その後仕事を辞めた。それからしばらく次の仕事に就けず、夜な夜な自分はダメな人間だ、みんなに迷惑をかけている、死んだほうがいいなどと考えたりした。
全く鬱とは思ったことが無い 20代 女性
辞表提出後から有給消化までの間の出勤日が一番気分が落ち込んでいた日々でした。
実際に鬱の診断をされたことがある 20代 女性
何かがあった訳でもないのに、朝起きると身体がだるくて何もする気になれないことがありました。時が解決してくれると思い、布団に横になったままひたすら回復を待つだけでした。ゆっくり休んだのがよかったのか、夜には少し気持ちがすっきりしていました。しんどい時は休むことが大切だということを改めて実感しました。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 20代 男性
朝起きるた時に、全てから逃げ出したいという気持ちになってしまう。
鬱ではないかと強く思ったことがある 20代 男性
将来のことを考えると、不安で不安で眠れなくなります。仕事のこと、家族のことなど考えるだけで気分が沈んでいました。
全く鬱とは思ったことが無い 20代 女性
妊娠中に些細なことで落ち込んだり泣いたりしていました。出産に対しての不安がいっぱいあり、寝る前によく泣いていました。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 20代 女性
バイトや仕事でうまくいかず、空回りしてしまい、テンションの低い時がありました。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 20代 女性
仕事で失敗してしまったときやプライベートでうまくいかない事があると、落ち込んでしまいます。酷く落ち込んでしまっても泣いて発散する事が出来ないので、家族ものの映画を見てあえて泣いたり、家中を掃除して綺麗になった部屋で暖かいお茶を飲んだりすると落ち着く事ができます。
全く鬱とは思ったことが無い 20代 女性
妊活に励み、子どもがなかなか授からず毎月リセットした時は気分が落ち込み、仕事や家事全てのやる気を失いました。
実際に鬱の診断をされたことがある 20代 女性
とにかく人と会いたくなくなり、家にこもるようになった。今まで楽しんでいたどんな事にも興味がなくなり、何もしたくなかった。
実際に鬱の診断をされたことがある 20代 女性
とにかく人と会いたくなくなり、家にこもるようになった。今まで楽しんでいたどんな事にも興味がなくなり、何もしたくなくなった。
全く鬱とは思ったことが無い 20代 女性
気分が落ち込んだ時はとことん泣き、友人に相談をし、話を聞いてもらうだけでも十分救われる。またお笑い番組などをみて元気を取り戻そうとします。
実際に鬱の診断をされたことがある 20代 女性
精神的につらくて体にも異常が出たので、精神科を受診し、その後仕事を辞めた。それからしばらく次の仕事に就けず、夜な夜な自分はダメな人間だ、みんなに迷惑をかけている、死んだほうがいいなどと考えたりした。
鬱ではないかと強く思ったことがある 30代 男性
未経験の仕事でろくに教えてももらえず、ただただ、激しく罵倒される日々が続いたとき。
全く鬱とは思ったことが無い 30代 男性
大失敗をして自分の能力実力に自信が持てなくなった時。 職場で厳しく叱責された時。
実際に鬱の診断をされたことがある 30代 男性
毎日の生活が同じことの繰り返しで将来のことも不安で見えないそんなことを考えながらお酒を飲んだ翌日はとても気分が落ち込んだ状態になってしまいます。
全く鬱とは思ったことが無い 30代 女性
落ち込んだ時は、すぐに涙がでてきます。落ち込んでいる原因とはまた別の事柄にもナイーブになり、とにかく泣きたくなるので我慢せずに泣くと、すごくスッキリします。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 30代 女性
人に会いたくなく人や家族にも相談しても意味がないと思っていて常に死ぬことを考えてしまっていましたし気持ちがモヤモヤしていると自分の手を壁にたたきつけて手の痛みでモヤモヤな気持ちを抑えていた時があります。それが鬱なのかはわかりませんが少し鬱気味もあったのかなと思っています
実際に鬱の診断をされたことがある 30代 男性
普段は寝る時間になっても全く眠ることができずに今現在の自分の生き方に対する不安で頭が一杯になって朝まで悩み続けた。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 30代 男性
仕事が上手くいかなく更に上司から執拗にプレッシャーをかけ続けられたとき。 仕事に追われ趣味を楽しむ時間が無くなったとき。
全く鬱とは思ったことが無い 40代 女性
友達に裏切られたとき、すごくショックで人間不信になり、家族以外の人が信じれなくなった。
実際に鬱の診断をされたことがある 40代 女性
仕事で失敗した時や、会社の人間関係がうまくいかない時には家に帰ってから物凄く鬱状態になります。大声で泣いてしまったり、自分を責めたりしてしまい、どうしても気分を回復することができません。
全く鬱とは思ったことが無い 40代 男性
大好きな彼女から急に別れを伝えられた時は、現実を受け入れられずショックで、しばらく気分が落ち込んで何もする気がしなかったです。
実際に鬱の診断をされたことがある 40代 男性
とにかく何も出来ないと言うより、何もしたいとは思わないので、ただひたすらボーっとして一日が過ぎて行きました。
鬱ではないかと強く思ったことがある 40代 女性
職場の人間関係と環境が自分に合わず、仕事に集中できず気分が塞いで鬱になりかけたことがあります。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 40代 女性
結婚して子供が欲しくてもなかなか授からなかったとき。 不妊治療を始めたが、それでもなかなか授からなくて、このままいつまで治療を続ければいいのかわからなくなったとき。
鬱ではないかと強く思ったことがある 40代 女性
何もかもが死につながるように考えてしまい、負のベクトルに押し流されそうになりました。高いところからじっと地面をみつめたりして、ハッとしたりしました。
全く鬱とは思ったことが無い 40代 女性
仕事で失敗して、かなり悲惨な状況になった時に、鬱になるかもと思いましたが、なんとか乗り切りました。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 40代 女性
母親の入院が立て続けに続いた時、毎日眠れなくなり毎日落ち込んでいました。
鬱ではないかと強く思ったことがある 40代 女性
仕事場の人間関係で強い疎外感を感じた時があって、仕事に行くのがすごく嫌だった時があります。嫌だけど行かないとまた何か言われると思って、嫌嫌行ってました。部屋が散らかったままでも平気になって、甘いものばかり食べてました。
もしかしたら鬱かもしれないと思ったことがある 40代 男性
何もかもがうまくいかなくて、死にたいと思う事がありました。 何故か、自然に「死にたい」というワードが浮かんできました。
鬱ではないかと強く思ったことがある 50代 男性
仕事悩んで何もやる気が起こらなくなり、家族との会話も出来ないくらいに気力が無くなった。
全く鬱とは思ったことが無い 60代 男性
落ち込むと言うかプレッシャーはあります。 大きなプレゼンテーションの前とかは圧を感じます。

関連アンケート

あなたは国会中継を見ますか?

ほぼまったく見かけない ニュース番組の中で出てきたのを見ることはある Youtubeなどで見ることはある Youtubeなどでリアルタイムに見ることがある テレビでリアルタイムに見ることがある

自宅での自粛要請があってから、ネット通販での購入金額はどれくらい増えましたか?

減った 変わらない 少し増えたと思う 2倍くらいになったと思う 3倍以上になったと思う

2020年5月20日現在、どんなマスクをメインに使っていますか?

使っていない(マスクが手に入らない、使う必要が無いと思っている) 国から配布された布マスク 知人から購入したり自作した手作りのマスク コンビニやスーパーで売っている何度も使えるマスク コンビニやスーパーで売っている通常の使い捨てマスク