100人アンケート

Q. 「潜在保育士」という言葉を知っていますか?

2019年09月11日 117回答 無料アンケート
選択肢
意味を知っていて説明できる なんとなく意味はわかる 言葉は聞いたことがある 知らない

アンケート結果

全体

性別

年代


ランキング

性別

男性

1位 知らない
2位 なんとなく意味はわかる
3位 意味を知っていて説明できる

女性

1位 知らない
2位 なんとなく意味はわかる
3位 意味を知っていて説明できる

年代

10代以下

1位 知らない
2位
3位

20代

1位 知らない
2位 なんとなく意味はわかる
3位 言葉は聞いたことがある

30代

1位 知らない
2位 なんとなく意味はわかる
3位 意味を知っていて説明できる

40代

1位 知らない
2位 なんとなく意味はわかる
3位 意味を知っていて説明できる

50代以下

1位 知らない
2位 なんとなく意味はわかる
3位 意味を知っていて説明できる

60代

1位 知らない
2位 なんとなく意味はわかる
3位 意味を知っていて説明できる

70代以上

1位 知らない
2位 なんとなく意味はわかる
3位

コメント回答

「保育士が働きやすい環境になる為にはどんなことが必要だと考えますか?」

意味を知っていて説明できる 30代 女性
お給料を改善したり、持ち帰りの仕事をなくしたり、ある程度保育士の人数を確保して一人一人の負担を分散させたりする必要があると思います。保育士資格を私も持っていますが、大変な割にお給料はもらえないし、自分にも小さな子供がいるので休みを取りづらいなどの理由で働けていません。
意味を知っていて説明できる 30代 女性
保護者がなんでも保育士に求めすぎず、お互いに協力して子どもを育てていく環境
意味を知っていて説明できる 30代 女性
給料が上がり、モンスターペアレントから守られる制度など働きやすい環境が必要だと思う。
意味を知っていて説明できる 30代 女性
元保育士です。まず、精神的負担が大きい。子育てしながら、私は他の子どもを見ることが難しいと考え、退職しました。書類に年がら年中追われている、休憩がない、先生同士、保護者との人間関係、給料が安いのにサービス残業が多い、休みが自由に取れない。それらの負担が解消されればよくなっていくと思います。
なんとなく意味はわかる 20代 女性
給与待遇の改善が第一だと思います。保育士は子どもの面倒を見るきつい仕事なのに、給料が低いと離職率も高くなると思います。
なんとなく意味はわかる 20代 男性
休暇を取りやすくしたり、仕事の悩みを解決できるサポート体制などを整えることで働きやすい環境になると思う。
なんとなく意味はわかる 50代 男性
給与を増やして待遇を良くし保育士の数を増やして負担をなるべく少なくする。
言葉は聞いたことがある 30代 女性
給料が安くて見合っていないように感じるので、この先も安心して働けるように、給料UPも検討してよいのではと思います。
知らない 40代 男性
預かっている児童に不慮の事故や怪我がおきた時に保育士に過度な責任が押し付けられないようにするための法の整備
知らない 30代 男性
基本給を上げる。知人に保育士がいるが、信じられないくらい安月給。
知らない 30代 男性
賃金的な改善も必要だが、時間的な負担をなるべく減らすようにすることと、親からの圧力をきちんと受付ける専門のセクションがあると良いのかもしれない。
知らない 40代 女性
研修などをする事を義務付けた上で資格制度をなくし、給料をあげる。
知らない 40代 女性
お給料を上げたり職場の環境を整える。それと年齢や性別で差別をしないような職場の雰囲気を作る。
知らない 40代 男性
給料を上げる事と保育士になった人に奨励金を国から出してあげる事。そして絶対的な人数を増やすことだと思います
知らない 30代 女性
担任の保育士の他にフリーの保育士数を増やし休暇を取りやすくしたり、園児の保護者とのコミュニケーションを大切にする。
知らない 40代 男性
保育士の労働時間を改善、給料を上げることで働いている充実感を得られるようにすることが必要
知らない 30代 男性
給与を大幅に増やす。もしくは現在の給与水準に見合った業務量にするために増員する
知らない 30代 男性
残業をしない環境をつくる。各親は時間通りに迎えにくることを確率する。
知らない 50代 女性
子供を預ける親御さん達からの理解が必要だと思います。保育士さんを信頼して預けていることと思いますが、保育士さんも複数の子供を担当していて、それでもひとりひとりの子供に気を配り、できる限りのお世話しています。子供が好きでも、かなり気を使う仕事で、肉体的にも重労働に入ります。そんな時、親御さんから感謝の言葉をもらったり、保育士の苦労を理解してもらえると、努力も報われる、今後のやり甲斐に繋がるはずです。私の母は保育士ではありませんが、数年前まで自宅の隣の保育園にパートで20年以上、保育士の補助として働いていました。親御さんからの理解と感謝が、どれほど保育士さんにとって、仕事をしていく上での心の支えになるかをいつも話してくれました。
知らない 30代 女性
保育士の年収をあげる、お局様がいてイジメも酷いので無料の相談窓口をつくる
知らない 30代 女性
スタッフの数が充分足りていて、残業が無いことだと思います。身だしなみについても、あまり厳しく強制せず安全安心を第一に考えた上で、各々の個性も大事にするという規則があってもいいと思います。
知らない 30代 男性
保育業界の平均賃金の底上げと人員を確保できるように財政出動すること
知らない 20代 男性
国がもっと積極的に、保育士の待遇改善に尽力すべき。保育士の難易度を認識する必要がある
知らない 20代 女性
公的な支援(補助金など)や、保育業務への理解と感謝が増える必要があると考えます。
知らない 40代 男性
預かっている児童に不慮の事故や怪我がおきた時に保育士に過度な責任が押し付けられないようにするための法の整備
知らない 30代 男性
基本給を上げる。知人に保育士がいるが、信じられないくらい安月給。
知らない 30代 男性
賃金的な改善も必要だが、時間的な負担をなるべく減らすようにすることと、親からの圧力をきちんと受付ける専門のセクションがあると良いのかもしれない。
知らない 40代 男性
給料を上げる事と保育士になった人に奨励金を国から出してあげる事。そして絶対的な人数を増やすことだと思います
知らない 40代 男性
保育士の労働時間を改善、給料を上げることで働いている充実感を得られるようにすることが必要
なんとなく意味はわかる 20代 男性
休暇を取りやすくしたり、仕事の悩みを解決できるサポート体制などを整えることで働きやすい環境になると思う。
知らない 30代 男性
給与を大幅に増やす。もしくは現在の給与水準に見合った業務量にするために増員する
知らない 30代 男性
残業をしない環境をつくる。各親は時間通りに迎えにくることを確率する。
なんとなく意味はわかる 50代 男性
給与を増やして待遇を良くし保育士の数を増やして負担をなるべく少なくする。
知らない 30代 男性
保育業界の平均賃金の底上げと人員を確保できるように財政出動すること
知らない 20代 男性
国がもっと積極的に、保育士の待遇改善に尽力すべき。保育士の難易度を認識する必要がある
意味を知っていて説明できる 30代 女性
お給料を改善したり、持ち帰りの仕事をなくしたり、ある程度保育士の人数を確保して一人一人の負担を分散させたりする必要があると思います。保育士資格を私も持っていますが、大変な割にお給料はもらえないし、自分にも小さな子供がいるので休みを取りづらいなどの理由で働けていません。
意味を知っていて説明できる 30代 女性
保護者がなんでも保育士に求めすぎず、お互いに協力して子どもを育てていく環境
知らない 40代 女性
研修などをする事を義務付けた上で資格制度をなくし、給料をあげる。
知らない 40代 女性
お給料を上げたり職場の環境を整える。それと年齢や性別で差別をしないような職場の雰囲気を作る。
知らない 30代 女性
担任の保育士の他にフリーの保育士数を増やし休暇を取りやすくしたり、園児の保護者とのコミュニケーションを大切にする。
言葉は聞いたことがある 30代 女性
給料が安くて見合っていないように感じるので、この先も安心して働けるように、給料UPも検討してよいのではと思います。
なんとなく意味はわかる 20代 女性
給与待遇の改善が第一だと思います。保育士は子どもの面倒を見るきつい仕事なのに、給料が低いと離職率も高くなると思います。
知らない 50代 女性
子供を預ける親御さん達からの理解が必要だと思います。保育士さんを信頼して預けていることと思いますが、保育士さんも複数の子供を担当していて、それでもひとりひとりの子供に気を配り、できる限りのお世話しています。子供が好きでも、かなり気を使う仕事で、肉体的にも重労働に入ります。そんな時、親御さんから感謝の言葉をもらったり、保育士の苦労を理解してもらえると、努力も報われる、今後のやり甲斐に繋がるはずです。私の母は保育士ではありませんが、数年前まで自宅の隣の保育園にパートで20年以上、保育士の補助として働いていました。親御さんからの理解と感謝が、どれほど保育士さんにとって、仕事をしていく上での心の支えになるかをいつも話してくれました。
知らない 30代 女性
保育士の年収をあげる、お局様がいてイジメも酷いので無料の相談窓口をつくる
知らない 30代 女性
スタッフの数が充分足りていて、残業が無いことだと思います。身だしなみについても、あまり厳しく強制せず安全安心を第一に考えた上で、各々の個性も大事にするという規則があってもいいと思います。
意味を知っていて説明できる 30代 女性
給料が上がり、モンスターペアレントから守られる制度など働きやすい環境が必要だと思う。
意味を知っていて説明できる 30代 女性
元保育士です。まず、精神的負担が大きい。子育てしながら、私は他の子どもを見ることが難しいと考え、退職しました。書類に年がら年中追われている、休憩がない、先生同士、保護者との人間関係、給料が安いのにサービス残業が多い、休みが自由に取れない。それらの負担が解消されればよくなっていくと思います。
知らない 20代 女性
公的な支援(補助金など)や、保育業務への理解と感謝が増える必要があると考えます。
なんとなく意味はわかる 20代 女性
給与待遇の改善が第一だと思います。保育士は子どもの面倒を見るきつい仕事なのに、給料が低いと離職率も高くなると思います。
なんとなく意味はわかる 20代 男性
休暇を取りやすくしたり、仕事の悩みを解決できるサポート体制などを整えることで働きやすい環境になると思う。
知らない 20代 男性
国がもっと積極的に、保育士の待遇改善に尽力すべき。保育士の難易度を認識する必要がある
知らない 20代 女性
公的な支援(補助金など)や、保育業務への理解と感謝が増える必要があると考えます。
知らない 30代 男性
基本給を上げる。知人に保育士がいるが、信じられないくらい安月給。
知らない 30代 男性
賃金的な改善も必要だが、時間的な負担をなるべく減らすようにすることと、親からの圧力をきちんと受付ける専門のセクションがあると良いのかもしれない。
意味を知っていて説明できる 30代 女性
お給料を改善したり、持ち帰りの仕事をなくしたり、ある程度保育士の人数を確保して一人一人の負担を分散させたりする必要があると思います。保育士資格を私も持っていますが、大変な割にお給料はもらえないし、自分にも小さな子供がいるので休みを取りづらいなどの理由で働けていません。
意味を知っていて説明できる 30代 女性
保護者がなんでも保育士に求めすぎず、お互いに協力して子どもを育てていく環境
知らない 30代 女性
担任の保育士の他にフリーの保育士数を増やし休暇を取りやすくしたり、園児の保護者とのコミュニケーションを大切にする。
言葉は聞いたことがある 30代 女性
給料が安くて見合っていないように感じるので、この先も安心して働けるように、給料UPも検討してよいのではと思います。
知らない 30代 男性
給与を大幅に増やす。もしくは現在の給与水準に見合った業務量にするために増員する
知らない 30代 男性
残業をしない環境をつくる。各親は時間通りに迎えにくることを確率する。
知らない 30代 女性
保育士の年収をあげる、お局様がいてイジメも酷いので無料の相談窓口をつくる
知らない 30代 女性
スタッフの数が充分足りていて、残業が無いことだと思います。身だしなみについても、あまり厳しく強制せず安全安心を第一に考えた上で、各々の個性も大事にするという規則があってもいいと思います。
意味を知っていて説明できる 30代 女性
給料が上がり、モンスターペアレントから守られる制度など働きやすい環境が必要だと思う。
知らない 30代 男性
保育業界の平均賃金の底上げと人員を確保できるように財政出動すること
意味を知っていて説明できる 30代 女性
元保育士です。まず、精神的負担が大きい。子育てしながら、私は他の子どもを見ることが難しいと考え、退職しました。書類に年がら年中追われている、休憩がない、先生同士、保護者との人間関係、給料が安いのにサービス残業が多い、休みが自由に取れない。それらの負担が解消されればよくなっていくと思います。
知らない 40代 男性
預かっている児童に不慮の事故や怪我がおきた時に保育士に過度な責任が押し付けられないようにするための法の整備
知らない 40代 女性
研修などをする事を義務付けた上で資格制度をなくし、給料をあげる。
知らない 40代 女性
お給料を上げたり職場の環境を整える。それと年齢や性別で差別をしないような職場の雰囲気を作る。
知らない 40代 男性
給料を上げる事と保育士になった人に奨励金を国から出してあげる事。そして絶対的な人数を増やすことだと思います
知らない 40代 男性
保育士の労働時間を改善、給料を上げることで働いている充実感を得られるようにすることが必要
知らない 50代 女性
子供を預ける親御さん達からの理解が必要だと思います。保育士さんを信頼して預けていることと思いますが、保育士さんも複数の子供を担当していて、それでもひとりひとりの子供に気を配り、できる限りのお世話しています。子供が好きでも、かなり気を使う仕事で、肉体的にも重労働に入ります。そんな時、親御さんから感謝の言葉をもらったり、保育士の苦労を理解してもらえると、努力も報われる、今後のやり甲斐に繋がるはずです。私の母は保育士ではありませんが、数年前まで自宅の隣の保育園にパートで20年以上、保育士の補助として働いていました。親御さんからの理解と感謝が、どれほど保育士さんにとって、仕事をしていく上での心の支えになるかをいつも話してくれました。
なんとなく意味はわかる 50代 男性
給与を増やして待遇を良くし保育士の数を増やして負担をなるべく少なくする。

関連アンケート

やってみたい習い事は次のうちどれですか?

スポーツ・フィットネス 英会話 アート・デザイン 料理・お花・お茶 その他

防災グッズを日頃から常備していますか?

常備している 常備しようと思っているがまだ行なっていない 準備しようと思わない

朝ごはんは週何回食べてますか?

毎日 5~6 4~3 2~1 食べない